どうなっていくのかな…

デジタル化という社会の変化にかなりアレルギーがあるので、
そういう情報は、(意識的なのか無意識なのかは分からないけれど)シャットアウトしがち。
でも、ここ最近、AIとかchatGPTとかの話題が、嫌でも耳に目に入ってくるようになりました。
10年後なんて先の話ではなく、1年後、2年後には、いろんなことが変わっているんだろうな。

これに関して、まだブログに書けるほど自分の意見や気持ちを言語化できないのだけど、
今感じている「一体どうなっていくんだろう??」という不安ほどの劇的な変化ではなく、
なんとなくなんとなく、自分にとって必要なツールは自然に受け入れながら、
ある時にふと、ずいぶん変わったなーと気づくんだろうな。
そんな気がします。

今から27年前。
まだまだ当たり前に、大工さんが材木を加工していた時代に、
ある材木屋さんが先陣を切ってプレカット工場を導入され、その見学に行ったのです。
まだプレカットなんて言葉自体も全然メジャーではなかった時代の事です。
コンピュータに読み込ませた図面を基に、ロボットがあっという間に材木を刻んでいくのを目にして、
本気で、その場から逃げ出したくなるくらい怖くなって、
本気で、「あーーー、もう建築やめよう…」って思ったんです。笑

CADも然り。
今も、全く抵抗がないかと言えば嘘になるし、
やっぱり、仕事の中で身体性が失われていくことへの恐怖心はあるのだけれど、
それでも、当たり前に受け入れてはいるんですよね。
あんなに恐怖でしかなかったプレカットも。

こんな風に、今は想像するだけで逃げ出したくなるような世界にも、
何年か先の自分はちゃんと存在していて、それなりに受容できてるのでしょう。
そして、そんな中でも、大切にしたいものは何も変わっていなくて、
ちゃんと大切に出来ているんじゃないかな…。
そう信じたいな。

と、そんな風に考えられるようになってきたので、
今の記録として、したためておこうと思い立ちました。
半年後、全然違うことを書いてるかもしれないけど。

なんだか、すごい時代を生きているな。
人間が作り出したものに人間が怯えてる。

幻ではなかった

先週から始まったリフォーム工事。
リフォームと言っても、今回はほぼ外回りの改修です。
18年前にスケルトンリフォームのお手伝いをしたH邸。
バルコニーに設置したウッドデッキとパーゴラの木部がかなり傷んでしまったので、
その改修がてら、1年前に新たに家族に加わったお猫様のリビングにしたいとの事で、
屋根をかけ、手すりの形状を変え、キャットウォークも取り付けていきます。
なんとも贅沢なお話し。

ついでに外壁の塗り替えも施工するため、全面に足場がかけられたので、
足場伝いに上まで登って、屋根の状態も確認。
元々高いところは得意で、少し前までは単管足場でもスタスタ歩けていたのに、
これも加齢に依るものなのか、足場板の上を歩くのも少し怖くなってきて…。笑

毎日の事だから慣れもあるのでしょうが、この足場の上で難儀な作業をしている
高齢の職人さん達を心底尊敬してしまいます。
でもね、足場に登れなくなったら設計屋さんも役立たずになってしまうので負けてられません!

さて。
今回の工事の主役のお猫様はかなりのビビりちゃん。
昨年から何度も打合せに伺っているのに、まだ一度もその姿を見られずにいるのですが、
今日、監督さんからこんな写真が送られてきました♡

おぉ!本当におったのか!!笑

家の周りでわさわさ知らないおじさんたちが動いていて、さぞおびえているだろうと
心配しておりましたが、1週間経ち、だいぶ慣れてきたようです。
監督さん、ガン見されてますね。かわいい☺

もうすぐあなたのプライベートリビングが出来るから、もう少し辛抱しててね。
今度は、私が現場にいる時にも顔見せてね!

 

知らないままでもいい

先日、ふと気づくと、コガネムシは金持ちだ~♪の歌を口ずさんでいました。
子供の頃、みんな普通に歌っていたけれど、
よくよく考えたらおかしな歌詞だよなーと思い、
この歌の成り立ちを調べてみたのです。

語源とか成り立ちとか意味とか、そういうのをすぐ知りたくなるタチで、
調べては、なるほどね~と納得して楽しんでいるのですが、
今回ばかりは、知らないままでいればよかった…という結果で。笑

古い歌なので、あくまでも「…という説がある」程度の情報ではあるのですが、
ここで歌われているコガネムシは、コガネムシじゃなくて別の虫らしいです。
これ以上、書かない方がいいですよね?笑
知りたい方はご自身で調べてみるといいと思いますが、
あえて書き添えるならば、知らないままでよろしいかと。

この世はまだまだ知らないことだらけではありますが、
その大半は、知らないままでいいことなのかもしれないな。
博学な人への憧れはあるけれど、知りたくもない情報を浴びせられる時代だからこそ、
『別に知らなくていいや』という割り切りも大事なのかもね。。。

と、そんなことに気づかせてくれた、コガネムシ。

その人の美学はそのままに伝わるものだな

沈黙の3月、終了。笑
発信を控えていたのには、たいして深い意味はないのですが、
心配のメールをいただいてしまったりして、なんだかすみません。元気です。

数日前に目にした、奈良岡朋子さんご逝去のニュース。
奈良岡さんをテレビで見ていたのは、ほんの子供の頃なんだけど、
子供心に「素敵な人だなぁ…」と感じていました。
自分の母親より上の世代の方だし、子供の感じることだから、
『憧れ』とか『理想の女性像』というのとは違っていたとは思うけれど、
その気持ちはずっと変わらず私の中にあって、
「好きな女優さんは?」みたいな話になると、真っ先に頭に浮かぶ人でした。

訃報を伝えるニュースの中で、生前に書かれていたという『お別れのメッセージ』を読み、
最後まで本当にかっこいい人だったんだなーと惚れ惚れ。
子供時代の自分の、人を見る目の確かさにも惚れ惚れ。笑

自分の美学を貫き、人生を全うし、
この世を去る時に、あんな風に言葉を残せる人になりたいものです。
しなやかに強くなりたいな。もっと。

新年度のはじまりですね。
風に舞う桜の花びらがとてもきれいです。
桜吹雪を見て、とっさに思い浮かぶのが『遠山の金さん』なのは、致し方あるまい。笑

4月。
頑張っていきましょう!

干支が一巡しても答えの出ない問い

2012年の年末に書いたブログ。

一年点検で見えたもの – サブリエ (sablier.jp)

2011年の震災をまたいで設計・工事をしていたIさんのお宅に、
一年点検で伺ったときの事が書かれています。
その中に書かれている

何年か後に振り返った時、やはり2011年という年は私にとって大きな分岐点になるのかもしれません。
震災や身内の大病を経験して、自分の中の価値観みたいなものが一度崩壊したのだと思います。

人が幸せでいるために必要なものは何なのか?
そんなに多くの物が必要なのか?
家って何のためにあるのだろうか?
どんな家に住んでいようと、家族が元気で一緒に居られればそれで十分じゃないか?
私達つくり手の自己満足の為にお客さんに余計なお金を使わせているんじゃないか?

そんな事ばかり考えていた2年間でした。

という問いを、12年経った今も握りしめているんだなぁ…と、最近感じます。

新築にしてもリフォームにしても修繕にしても、
お客様から依頼されてやっていることなのだし、
そのお客様にとっての最適解を出す努力は怠っていないとは思うのですが、
なんでしょうね…、何十万、何百万、何千万というお金をお客様に使わせることに、
もやーーーっとした罪悪感がいつも心のどこかにある気がするのです。
おかしいですよね。笑
この心のブロック、いったい何なんだろう??

仕事とは関係ない部分での私の課題でもあるのでしょうが、
先に書いた12年前に自分に課した問いに加え、
ここ数年で明らかに変容した住宅に対する世の中の状況、価値観、
空家問題が謳われ続けながら、畑や緑地をわざわざ潰して次々に建てられる住宅やマンション、
そして、建築費の高騰…。
そういうものたちを直視していると、
建築業界にいるものとして、やるべきことはなんなんだろう?と立ち止まりたくもなるのです。

こうやってすぐ悩むの、本当に嫌なんですよ。笑
でも、ここで悩まずに素通りできる方が恐ろしい気もするんですよね。
それをここに書くにはいかがなものか?とは思いますけどねー。笑

11年前の私は、この問いに対してこう書いていました。

これらの問いに対する答えは、多分この先も明確には出せないのだろうと思います。
それでも今、強く思うのは、
住む人の、工務店さんの、そして自分自身の力と想いを、もっともっと信じたい・・・という事。

結局は、お客様の満足を糧にして前に進んでいくしかないんですよね。
この得体のしれない罪悪感だけは本気で手放したいけど、
(本気で手放したいからここに書いてみることにしたのです)
悩み続ける自分にダメ出しはせずに、こういう問いは持ち続けたまま、
目の前の人のために何が出来るかを考えていきたいと思います。

それはさておき。
日が伸びましたね。

昨日今日と春のような陽気で、どうしたって桜が待ち遠しくなります。
1か月後にはもうチラホラ咲いているんだろうな♡

雪ですね

寒いけれど、この風景は見逃すまいと、少し散歩をしてきました。

もともと静かな湖が、より一層しーんとしています。
この静けさを大切にしたいので、今日は余計なキャプションは無しで。笑

 

迷いたまえ 悩みたまえ

お施主様・Nさんと一緒にキッチンのショールームへ。

新宿のOZONEに行くのは久しぶり。
こんなにキラキラした素敵な空間で商品を見せてもらえたら、
お客さんの夢も広がっちゃいますよね。
いろいろ目移りしていたけど、同行してくれた息子君の冷静な意見に助けられ、
とりあえず一通り決まって、見積もりへGO!
夢はここまで。ここからは現実。笑

新宿で別れて、私は次の予定に向かい、
その用事も済ませて帰宅しようとしたら、国分寺駅で再びNさんとバッタリ!
ショールームを出てたった数時間しか経っていないけれど、
すでにNさん、扉の色を迷い始めていました。笑

こうやって選んだり迷ったりしている時が、家づくりで一番楽しい時期です。
悔いの残らないように、たっくさん悩みましょう♡

『暮らしのよろず相談会 Vol.1』開催のお知らせ

昨年10月に、こちらのブログで決意表明をいたしました出張相談会。
下記日程で開催する事に致しましたのでご案内させていただきます。

会場:ギャラリーchibimado
   国分寺市南町2-10-10

日時:202323日(金)4日(土)5日(日)
   オープンサロン   13時~17
   個別相談枠(予約制)各回50分程度 無料
   3日(金) 予約済、 予約済、 予約済
   4日(土) 予約済、 予約済、 17時半~
   5日(日) 予約済、 予約済、 予約済
   個別相談のお申込みはメールにてお願いします。sablier.kokubunji@gmail.com

切羽詰まってはいないけれど、家の中に不具合があって、
なんとかしなきゃ…と気になりつつも誰に相談すればいいか分からず放置している方。
信頼できる業者さんを紹介してほしい方。
センスがよく機能的な生活小物を買えるお店の情報が欲しい方。
自宅や職場の新築・リフォームや模様替えを考えている方や収納の悩みを解決したい方。
自分に合った物件探しや会社探しの方法を教えて欲しい方。
などなど、相談内容はどんな事でもOKです。

相談という程ではないけれどちょっと聞いてみたいことがある…程度の事でも、
周りに人がいないところで落ち着いてゆっくり話を聞きたい方は、
遠慮なく個別相談枠を予約してください。

13時~17時のオープンサロンの時間帯は出入り自由です。
少しですが、これまでの実例や、普段私が採用している内装材のサンプルなども展示する
予定ですので、相談することが何もない方も、どうぞふらりと遊びに来てください。

相談会と銘打っておりますが、その場で解決策を出せずに
宿題にさせていただく事もあるかと思います。
また、例えば、よくある「賃貸がいいのか?持ち家がいいのか?」のような相談には、
お話を聞いた上で、個別解として主観的なアドバイスは致しますが、
損得上の一般論のようなお答えは出来かねます事、あらかじめご了承ください。

それでも、この相談会を開く事にした目的は、
自分の仕事のための営業ツールとしてではなく
誰に相談すればいいか分からずに困っている方たちが、
気軽にプロに相談できる場所をつくることですので、
本当にお気軽にご利用いただき、何かにお役立ていただければ幸いです。
同じ思いを持つ同業異業の友人が一緒に話を聞いてくれる時間帯もあるかもしれません。
文殊の知恵になるかしら…。心強いです!

自分の事務所のオープンオフィスと違い、場所をお借りしての開催がどんなものになるのか、
私自身にも全く予想が付きません。
初めての試みなので、不手際等も多々あるかもしれませんが、
どうかゆるりと見守って下さいませ。

 ご利用、ご来場をお待ちしております!

 

学びは尽きない

木造住宅の低コスト耐震補強の講習会へ。

耐震診断・耐震補強については、ずっとジレンマを感じています。
耐震診断を受けるまでは、ハードルも低く、受けてみる人はそれなりにいらっしゃる。
でも、自分の家が『倒壊の恐れがありますよ』と分かったところで、
耐震改修に進める人は本当に少ないのです。

理由はいろいろ。
行政からの助成を利用しても尚、費用面での負担が大きく踏み切れないケースもありますが、
それ以前に、東京都のほとんどの市区町村では、助成を受けられる条件そのものが厳しい。
そうして結局、自分の家は倒壊する恐れがあるという不安だけを抱えたまま、
そのまま住み続けるしかないケースが本当に多いのです。

私自身は今のところ、行政の助成がらみの耐震診断・改修のお仕事は請けていないのですが、
大規模リフォームのご相談時には、当然、最低限の耐震補強の提案はしています。
が、その場合、検討するのは耐震だけではなく、断熱改修を筆頭に、
スペック面で検討しておかなければいけないことがたくさんあり、
でも、住まい手さんがリフォームに踏み切る理由は、間取りの改善であったり内装だったり、
そちらの方が優先順位が高く、その希望はきちんとかなえてあげたいので、
予算配分は本当に悩ましいのです。毎度毎度、本当に悩みます。

今日の講義は、耐震補強に特化した取り組みで、
前述のような、診断だけ受けて改修出来ないケースを減らしていくこと、
耐震改修の実施を現実的なものにしていくことを目的としていて、
その内容は実に有意義で合理的で、とても勉強になりました。
受講して本当に良かったと思うし、今後の仕事に役立てていきたい。
しかし、やはり自分の目の前に仕事に落とし込もうとすると課題も多いのです。
本当に木造住宅って難しいな…。

帰り道、一緒に受講した友達と、
まだまだ勉強しなければいけないことが山ほどあるね…勉強しなきゃね…。
と語り合いました。
設計の仕事にゴールはないな。

講義の中で講師の方が言われた
「コストを下げてあげられるのは施工者ではない。あなたたち(設計者)しかいないのです」
という言葉がとても印象的でした。
これは耐震改修に限った話ではないんですよね。
自分が書く1本1本の線にお金がかかるのだという自覚は持ってやっているけれど、
もっともっと設計の段階で努力するべきことはあるぞと、再確認した一日。
建築費高騰を隠れ蓑にして自分の仕事に怠惰にならないように気をつけなければ。

せめて心には潤いを♡

年が明けてからいいお天気が続いていて気持ちいいですが、カラッカラですねー。
多湿には敏感だけど乾燥には鈍感な私でさえ、
夜中に、鼻の中がカラカラに乾いた痛さで目が覚めるくらいです。笑
小さな加湿器一台ではあまり効果もなく、洗濯物を敢えての室内干しをしてみたり。

今朝もどこかで火事が起きているようで、消防車のサイレンがにぎやかです。
これだけ乾燥していると、本当に火は心配。
天気予報を見ても、まだしばらく空気が潤うような雨は期待できなそう。
くれぐれも気を付けて過ごしましょう。戸締り用心火の用心。

でも、やっぱり、快晴が続くのはうれしい。
光熱費の高騰が囁かれる今、暖房を付けずに過ごせることが本当にありがたいです。
おてんとうサマサマ♡
週末からしばらく曇りがちのようですね。(しかも来週はかなり寒そう…)
今日明日で、しっかり光合成しておきましょう!

今日も佳き一日を!

月別アーカイブ